不動産事務所探し、立地条件と提示条件を合わせて利用する。

人気のある利用

都会を諦め、別荘としての不動産を持つ

都会とは色々な意味で大変魅力的なところだ。それゆえ日本中からこぞって人が集まってくる。 だからこそそんな都会の不動産事情は厳しい。不動産がべらぼうに高いのである。土地30平米などというのもザラなのである。それでも何千万もするのである。今時の手取り20万円ほどのサラリーマンにはとても手が届かない。そこで都会での普通の不動産生活は諦め、普段は猫の額ほどの家に住み、休日には別荘に移動するという考えも出てくるのである。最近では都会から車で1時間ほど離れたところでも、交通の便は悪いにせよ、景色や空気がいいという場所の不動産は人気が高い。人気は高いが価格は安いものも多いのである。土地も大きな物件が多いため、都会の人から見るととても魅力的である。

別荘を買うということ

別荘を買う前にわかっていないといけないことがある。不動産屋はこちらから聞かないと言わない場合もある。 まず、固定資産税である。そんなに訪れないかもしれない物件に毎年固定資産税はかかってくるのである。また、マンションの場合にはもっと大変である。毎月の管理費、修繕費を払わなければならないのである。自宅でかかっている場合、二重にかかってくるものである。また、最近では別荘の物件が有り余っているという現状があるため、購入価格が安くなっており、手を出しやすくなっている。100万円程度から出ていることもある。しかし、その様な物件でもその様なお金がかかり、また、その様なものが滞納されている場合も多いのである。また、売る際に苦労をすることがある。売れない間ずっと固定資産税、管理費、修繕費を払い続けなければならないのである。この様なことがわかると、やはり資金に余裕がある人しか購入できないものかと諦め気分になる。