不動産事務所探し、立地条件と提示条件を合わせて利用する。

賃貸契約

賃貸解約手続きの豆知識

賃貸マンションを退去するときには、賃貸契約を解除して退去の手続きをする必要があります。引越したいからといっていきなり明日明後日引越してしまうと、退去告知をしなかったとして違約金を取られることになるので注意が必要です。 退去告知とは「この日に引越します」と事前に大家さんに連絡をすることです。退去告知は引越しをする数カ月前にするのが一般的です。一番多いのは一ヵ月前ですが、二ヵ月前の場合もあります。告知期限については契約時に結んだ重要事項声明書に記載されてあります。大家さんか管理会社に連絡をし、「賃貸解約届」に必要事項を説明して不動産会社に郵送します。正当な手続きを踏んでいれば、契約の途中でも自由に引越すことができます。

退去時の敷金について

賃貸物件入居時に敷金を預けていた場合は、退去をするときに敷金を全額返金してもらうことができます。しかし、部屋の内部が著しく汚れていたり、壁やドアやガラス、設備等が破損していたりすると、返金額が下がってしまいます。出来る限り多くの敷金を返金してもらうために、引越しが決まったら念入りに部屋の掃除をしておくことをお勧めします。 敷金に関しては「原状回復費」という名目で引かれますが、実際には必要のないリフォーム費用まで請求されてしまうケースもあるので注意が必要です。入居したときからついていた傷や壊れていた設備に関しては借り主に修理費を支払う義務はないで、泣き寝入りをしないために最初に写真を撮って保存しておくことが大事です。